旅行を楽しむには観光ガイドは不可欠なものです。初めての人はもちろん観光ガイドがあれば迷子になることもなく、希望の観光場所に行くことができます。また、観光ガイドだったら有名なお店の記載があるので有名処を抑えるのにも役に立ちます。ここでは便利な札幌の観光ガイドの紹介をします。
初めての人はもちろん、何度も訪れている人も役に立つ地図を集めたので、ぜひ利用してみてください。

【札幌市観光行政の観光ガイド】

札幌市が観光客向けに作成している地図があります。日本語だけでなく、英語、ハングル、中国語と何とタイ語まで用意されています。中心部の詳細地図から、広域地図、交通案内など多岐にわたって情報が載っている観光地図です。
札幌市に申込みすれば、6部までは無料で送付してもらえます。また、修学旅行の街歩きガイドや、夜景の案内パンフレットなどもあるので、合わせて送付してもらうことができるのは嬉しい所です。(7部以上の場合には着払いになります。)
無料なのはありがたいのですが、指定日に届けることはできないので急いでいる方はPDFでの印刷を利用しましょう。
紙の観光地図に加えて、札幌市が作成している札幌市公式アプリも合わせて利用すると更に観光がスムーズに楽しめるはずです。

【名所巡りマップ】

札幌市交通局が作っている「名所巡りマップ」は、どこに行こうか観光に悩んでいる人にとって参考になる情報が満載です。しかも、すべて地下鉄や市電を使って巡れる観光場所ばかりなのも観光客にとってはありがたいところです。
地図は体力や興味に応じ分かれていて、「札幌の歴史と美術館コース5.5キロ」や「澄川・西岡・羊ケ丘展望コース4.9キロ」など22種類もの観光地図があります。
札幌市交通局のHPでPDFの地図が手に入る他、札幌の大通情報ステーションで15種類ほどの取り揃えているそうです。
ただの観光だけでなく、距離表示も分かりやすいので旅先でのジョギングにも役立つ地図です。もちろん地元の人がウォーキングするのに使うのもオススメです。

【30分で行ける観光地図】

札幌の中心部から30分で行ける観光スポットのみを集めた地図を提供しているサイトがあります。観光に使うのはもちろん、出張時の空いた時間にちょっと行ってみるのもいいかもしれません。
この地図を見ると札幌中心部だけでもかなりの観光名所があることに気が付きます。札幌へ何度も足を運んでいるリピーターもこの地図を見てみると、実は行ったことがない観光名所があるかもしれません。

札幌は北海道の旅の玄関口と言っても過言ではありません。もちろん空港などでもらえる簡単な地図もありますが、ぜひオススメした観光ガイドを見て、旅をよりよい物にしてください。